シッティチャイVSグレゴリアン見たよ~

このエントリーをはてなブックマークに追加

シッティチャイとグレゴリアンの試合観ました~

最近はイチイチ格闘技サイトで調べなくてもSNSで試合情報が流れてくるから便利ですね。

ペトロシアンとアラゾフ戦も注目されてましたけど、このカードもだいぶ世間を期待させてましたね。

シッティチャイもグレゴリアンも相変わらずって感じでしたが、

試合内容はというと、、

やっぱしあんま噛み合わなかったですね。5R通してもお互いたいしてクリーンヒットもなく難しい試合でしたね。

顔面ポイントは少なかったのでグレゴリアンのローキックかシッティチャイのボディポイントかってのが差ぐらいなもんでしたけど

まぁジャッジシステムがわからないのでなんとも言えませんが、

まぁ判定通りなのかなと。

3Rはグレゴリアン、4R5Rはシッティチャイって印象かな?

まぁさすがタイ人って感じで4R以降の動きはまぁまぁまぁでしたね。

でも4R勝負するのはムエタイの話であってキックボクシングはあんまし関係ないですけどね。

123R獲ってれば後半微妙でも勝てますから。まぁ最後良ければ全て良しって印象で後半ラウンドのが印象点には心情的になりやすいんでしょうけどね。

しかし今回のグレゴリアンは技が大味だったなぁ。なんであんなに大きいアクションだったんだろ?

それで崩れるシッティチャイなわけないのわかってたはずなのになぁ。

そうでもしないと流れを変えさせないシッティチャイの上手さが光ってましたね。

しかし当たらなかったなぁ。インサイドワーク上手すぎですよなぁ。

中へ中へ躱す技術はさすがです。対してグレゴリアンはまさに対局てきというか、ゴリゴリブロックディフェンス。

顔面への被弾がまぁ少ない試合だったな。

お互い蹴られてもすぐに蹴り返すしで、蹴られっぱなしで終わらせないところとか全然ポイント差がつかなかったかんなぁ。

お客さん的には微妙な盛り上がりな感じだったんかな?

まぁこれで3回ぐらい闘ってるし手の内知れてるしでしょうがなかったんでしょうけどね。

グローリーも契約問題なんか知りませんが、最近は同じ顔の選手ばっか試合してる気がするので

もっともっと色んな選手が参加してベルトの価値を高めてって欲しいものです。

まぁライトヘヴィ級らへんは世界トップの見所あるか。

フェザー級~らへんは微妙な感じですな。

バダハリはいつまた試合するのだろう。

ミドル級戦線にペトロシアンや中国系で試合してるタイ人を絡んで欲しいですね。

ペトロシアン、スパーボーンと試合しないかなぁ。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です