ウエイトトレーニングって考えたら

ウエイトトレーニングって筋肉痛のサイクル考えたら、

1週間に同じ部位は2回ぐらいしかできないわけです。

月に約8回しかできない計算になります。

そう考えたら物凄いトレーニングできる回数って少ない気がします。

月に8回しか同じところをトレーニングできないとは、、。

ボクシングジムのトレーニングとかは毎日練習するのが当たり前ですが、

僕の場合は1回のトレーニングでかなり追い込むので、

毎日やるのはかなり疲れが残って翌日のキレがなくなることが多いです。

まぁでもこれは年齢的な要素も大きいのかなぁって思います。

そう考えるとたらウエイトトレーニングって年齢が上がっても、

まぁ理にかなってるといいますか難しくはないんではないのかな?って思います。

でもウエイトトレーニングを生活の中で習慣化されるってけっこう内勤の仕事でないとか厳しいと言いますか、

カラダを動かす仕事をしている人には厳しい部分が多いですよね。

僕自身もガンガン筋トレしていた若い時は、サイクルが作りやすくかつ内勤の仕事をしている時だったな。

逆に格闘技の訓練を集中的にしている期間は一切してませんでしたね。

やはりシーズンオフがないスポーツは技術練習ができなくなるので合理的ではないのでしょう。

まぁそんなことはさてさてと、

最近は来る人達がなぜか松原の人ばっかりになってしまいましたね。

昔は遠方からけっこう色んな人が来てくれたんですけど

今ではすっかりオール松原状態ですね。

狭い地元のせいなのか、かなり色んな人同士が繋がる感じになってきましたね。

もう松原市での知名度はなかなかなものになってきてる気がします。

ちょっと有名になっても、最近はあんまし現役選手の出稽古が少ないから微妙な心境ですね。

選手自体の数が減ってるんだろなぁ、、。

フィットネスやダイエットでキックボクシングがスポット浴びるばっかりな時世の中で

命燃やして頑張ってる選手がもっと報われる世の中にしてかないけませんですなぁ。

しかし最近は本間にダイエット目的の人間ばっかり相手してるもんだから

ミット持つのも下手くそになってきたなぁ。

まぁそれでも世の中に溢れる、

現役時代にたいして実績のない人間が片手間道楽で開いてる

人生捧げてないクソジムの人間よりかは上手なんですけどねぇ。

まぁでも良いトレーナーってのは、才能や知識や経験が豊富な人間ではないと思う。

世界で誰よりも良い選手と出会ってきた人間だと思う。

僕は本間に良い選手との出会いは多かった。

それこそチャンピオンクラスの人間と熱い時間を共有してこれた。

でも最近は少なくなってきた。

う~ん、なぜなのでしょうか?

 

マインド?価値観?

ちょっと太りすぎたのでそろそろダイエットを頑張っていきたいと思います。

Instagramで色んな人のトレーニングを見てるとやる気がでてきますね。

まぁトレーニングよりも、

どんな食事を摂っているかとか生活習慣などの面で勉強になることが多いです。

人生色んな考えや立場な人がいて、

人の数ほど、それぞれの人生があるわけなんですが

何が人をわけるかって、それはやはりマインドなんだなっと思います。

例えばサラリーマンが安定を捨てて、自分で事業を起こすとかなかなかできることじゃないですよね。

まぁサラリーマンに関しては独立の基準って簡単だと思いますけどね。

自分にしかできない仕事をして、

誰よりも会社の利益に貢献して、

あれ?これ独立できんじゃね?

って思ったら自分で事業を立ち上げればいいわけですしね。

まぁ安定やらリスクやら言うてますが、

リスクって言葉をネガティブに捉えるかポジティブに考えるかの違いですね。

僕はリスクを負えばおうほど自由がついてくると考えてるので、

あまりネガティブには考えてませんね。

お金と自由があればあるほど可能性は広がりますから。

タイムイズマネーですね。

まぁ僕はお金はないので時間持ちなので

より自分の持っている時間を良いものに変えてかなきゃあかんですね。

キングコングの西野は、お金持ちよりもこれからは信用持ちの時代になる言うてましたが、

なるほどなぁって感じです。

まぁそんなことはさてさてと、

夏もすぐ手前、本番でっせー!

夏ってあっという間に過ぎ去ってしまうから

嬉しい反面寂しもやばいですよね。

一番ハートを燃やせる季節の到来ですわ。

熱中症だけには気をつけて

みんなとガンガントレーニングしていきたいですな。

ほなね

またインスタで近況を知った少年の話。

また最近インスタで近況を知った一人の少年の話なんですが、

この子は以前にうちで出稽古に来てくれたこともあったんですが、

中学生で極真空手世界大会2位の子だったんですね。

それがこの春高校に進学したみたいで、その近況をインスタで知りました。

親御さんの話では、

本人は中学を卒業したらもっとより良い練習環境を求めて、東京の高校に進学を希望していみたいでしてね。

さすがに15歳の少年に東京で一人暮らしさせるのは不安だとのことでして。

まぁ、、。

そらそーやなwwww

親としては不安そのものでしょうよ。東京で一人暮らしは。

まぁこの親御さんも電話だけしていないですが、

人柄と人格の良さがわかってですね。

この子にしてこの親なんだなって印象を持ちましたね。

「本人の希望を叶えさせてやりたい、、ですがさすがに不安。」

なかなか悩んでいたみたいでした。

それに付随してですがこの子、

東京行きを親に認めてもらいたいがために、

空手だけじゃないってのを証明させるために、勉強もめちゃくちゃ頑張っていたらしんです。

親御さんから聞いたお話ですと。

「本人は勉強も頑張れば認めてくれると思ってるみたいでして、、。」

「でも不安ですね、、。」

ワロタwwwwwwwwww

空手の世界大会で2位になる子が、両親を認めさせるために勉強も疎かにせずに頑張るとかって。

このエピソードをよくジュニアの親御さんに乱用させてもらってるんですが、

どこの親も沈黙しますねwww

「ウチの子は勉強できなくても格闘技さえ頑張れば、、、」

っとか言う親御さんにこのエピソードをぶつけるのが僕の趣味です。

「えっ?空手世界2位だけど両親のために勉強めっちゃ頑張ってる子いてますよ」って。

どこの親も撃沈してます。

結果を残しながらも家族のためにあらゆる努力を惜しまない中学生。

なかなかこんな子に出会ったことはなかったですけどね。

まぁインスタの情報によりますと、

高校でレスリングを始めたみたいで、

最近近畿大会で3位ぐらいになったとかどーとか、、。

つまりですね。

自発的に頑張る子は頑張るし、

親のエゴで強要した子育てなんてしょーもないってことですな。

そーいや、ジュニアキックで全日本で成績残した子は

自分のためじゃなくて、両親のために闘ってる子いたな。

パッキャオも家族のためにスラムでボクシングしていたし、

亀田家ボクシングにしても、

家族のチカラさえあれば人って伸びるんだなぁとしみじみです。

親は子を選べませんからね。

ちなみにですが、

僕は人を否定したいわけではない。

常に正論しかいって無いです。

僕の言葉に厳しさを感じている人たちは、まだまだってことですね。

夢や目標やら、信念や志を持って生きてる人のが世の中少ないと思う。

逆に70億人全員がスティーブ・ジョブズだったら世の中成立しないですからね。

だから信念持って生きてない人たちを否定することはしません。

でもそんな人達って、

下らない自己防衛してる人が多くてすごいよね。

言い訳する人生するぐらいだったら大和川にダイブでもしてくれば?って思う。

ちなみにですが、

僕は大和川にダイブして死のうとしたら人生吹っ切れて

誰よりも幸せな毎日送ってますけどね。

人生で必要なアイテムは一つしかない。

「覚悟」これさえあればたいがい乗り切れる

人生いろいろありまんがなでんがなまんがな

なかなか貴重な体験をさせてもらうことってありますね。

まだまだ知らない世界もありまして、世の中にはまだまだ楽しい事って多いんですなぁ

ちょっと考えさせられることがあって、

まぁ僕今30歳なわけなんですが、

35歳になっても今のままだったらヤバイと思う。みたいなこと言われまして、、。

考えたことなかったんですよねwww

将来のことなんて、、。

もうすでに人生に後悔がないし、これまで十分すぎるぐらいの熱い時間を色んな人と共有できて、

今日が人生で1番ハッピーを毎日更新しているので、

未来のことなんて考えたことがなかった、、。

今日死んでも全くもって未練がないからなぁ。

でもその反面、ハングリー精神みたいなのも無くなってしまった。

他の誰かを羨んだりもしなければ、妬んだり恨んだりもしないし、

仏の精神になってしまった、、。

すごい価値観が違うとか変わってるって言われるけど、

逆に僕から言わせたら、

みんなが当たり前に享受している、なにげない日常を送れる幸せに気づいてないだけなんじゃないのかな?

って思ったりもする。

五体満足で生まれ、銃声におびえることなく平和な日本の日常で

社会の一員として仕事をして、余暇に家族や友人と楽しい時間を過ごせたら、

これはもう相当な贅沢だと僕は思ってる。

欲望は行動する原動力だけど、

その深みにハマって人間の生き死にに気づかず生きてるのはどうなのかな?

って思う。

まぁこれも価値観の違いなんでしょうけど。

そして自分の心から大好きなモノで、

誰かと楽しく熱い時間を過ごせる今日に感謝の気持ちだけはキープしとかないとね。

地震で不慮の事故で命を落とすことは決して他人事じゃないし自分が当事者になりうる。

だからこそ、後悔ないように今日を全力でトレーニングしろよって生徒に教えてます。

ミスターフルスイングですな。

人生は結果が全てになってしまうけど、フルスイングしてたら結果は必ずついてくるですけどね。

部活OBとかいう謎の先生

今ふと思ったんですが、

中学や高校の部活で卒業生が学校を訪問して、在校生に教えに来るみたいなことあるじゃないですか。

特に野球部だと思いますが。

あれって何なんですかね???

プロ野球選手になって引退したとかならわかりますが、

学生時代に市や県でそこそこの実力だったけど、

フツーに大学進学したり就職してサラリーマンしてる人ばっかですよね。

つまりほとんど野球選手になる夢をあきらめた卒業生が、

在校生に野球を教えに来てるんですよね。

これってまったく意味なくね?www

なにを先輩面して学校に来てるんですかね?

謎です。

例えばですが

「俺ら卒業生がボール拾いするから、1年生も自分らの練習参加しろ!」

とかみたいな感じで在校生のトレーニングをサポートするならありだと思うんです。

プロ野球選手になったわけでもなく夢を諦めた人間が、若者達に何を語っても説得力ってないですよね。

本間に謎ですわ。

大阪桐蔭とかってどうなんだろ?卒業生が教えに来たりするのかな?

たぶんないと思う。

だって先輩はプロ野球選手になった人ばっかだしな。

来たとしても一流の言葉が聞けるわけですし、、。

中途半端な実力の学校に中途半端に夢を諦めた先輩が野球を教えに来る。

ありがた迷惑やろwwww

その風習辞めた方がいいですね。

まぁそんなことはさてさてと、

最近は女の子ばっかだったのに、ぽつぽつとメンズの練習希望者がカムバックしてきてます。

それにしても松原の子ばっかですけどね。

色んな人が訪れ、色んな人を見送ってきましたが、

やはり自分の大好きなモノを諦めずに飽きずに好きでい続けられてよかったなって思います。

諦めたらそこで試合終了。

スラムダンクの安西先生の言葉ですが、諦めなかったからこそその言葉の意味がわかります。

生きてるだけで丸儲け。

明石家さんま師匠の言葉ですが、本間に死のうと思ったぐらい絶望したからこそその言葉の意味がわかります。

才能も違えば環境も違うし、平等なものなんて世の中にないけれど

たった一つだけみんな平等に与えられてる時間ってやつを

自分の大好きなモノに夢中になった人生でいたいよね。

最近は新規多めか

最近はけっこう毎日ぐらいかな?問い合わせあったりします。

新しく頑張ってくれてる人も多くてまぁぼちぼちなんですが、

その中でもコンスタントに通う人って1割もいない気がします。

これはオカチャイキックボクシング教室に「縛り」がないからなんでしょうね。

どんだけサボっても月謝がかからないぶん、いつまでも休んでしまうんんだろな。

だからある意味なんですが、いまうちで残ってるメンバーってのは

言われなくてもできる「セルフマネジメントができてる子」がほとんどですわ。

ある程度誰かから指示されなくては動けない人間ではなく、

自分自身で生活習慣をしっかり管理してる子が多いな。

それゆえに夢や目標を持って頑張ってる子がほとんどでもある。

意識高い系人間ばっかですね。

僕が一番意識低いけどねwwww

ちゃうねんなぁ。これもまぁ言い訳なんですけどね

色んな人に求められると満たされてしまうんですよねぇ。

言い訳なんですけどねぇ。

これは昔からの僕の特性なんですけど「孤独」にならないと集中できないんです。

だからこうやって色んな人がたくさん来てくれる状況になればなるほど、

変に満たされてしまって、

自分自身の目標や頑張りは疎かになってしまうことがほとんどなんですわい。

やっぱパンクスと言いますか、反骨精神こそハングリーになれる最大の原動力ですよ。

悔しい!とか、見返してやる!っとか、

人間ってのはそんなモチベーションが大切ですよ。

なかなか色々ありますが

こんなことやってると本間に色んな職種の人たちと出会いがありますね。

なんか類は友を呼ぶと言いますか、

カッチリした仕事してる人の友達って、カッチリした仕事してる人が多いな。

美容アパレル系は美容アパレル系の友達とくるもんな。

ショップ店員とネイリスト的な感じで。

夏前だから若い女の子がぼちぼち来るのですが、

逆にもうフィットネスだと思われてるのかな?

全然現役選手と練習するんだけどなぁ。

最近は男の子が少ないなぁ。

まぁ夏は男性利用者減りますよ。

男は暑さに弱いから暖かくなってきたら、日中の生活でバテてしまうから

仕事終わりとかにトレーニングに来る人少なくなる。

でも逆に女性は寒さに弱いので冬は活動力が落ちて、男性が来ること多くなる。

まぁ季節それぞれですな。

まぁそんなことはさてさてと、

リバウンドしたーーーー

めちゃくちゃ太ってるーーーー

酒が止まらなーーーーーい

走ろう。

また習慣つくらなね

夢語らう旅人みな

手ぶらでさ、ポケットには根拠のない自信と夢しか入ってない。

それでも目がピカピカに輝いてて

夢を語る人たちをどれほど見てきたことか、

どれほど一緒の時間を過ごしてきたことでしょう。

僕の人生は、幸いなことでありがたいことに、

未来のスターや一流のプレイヤーの卵とめちゃくちゃ出会ってきました。

なんとなしですけど、

「この子は成功する」って感覚的にわかってきました。

自分の想像をはるかに越えて成功し過ぎてる人がほとんどですけどね。

まぁわかります。

この感覚ってなんなんでしょうかなぁ。

謎ですね。

わからん、、。

でもうちでトレーニング来てくれて、

ガッシガシに汗かいて心拍数ガンガンに追い込んで、

達成感や爽快感で今日を駆け抜けれた人たちみんなを、

それぞれの分野の一流やスターになって欲しいね。

だし、今残ってるメンバーはみんな

一流の人間になれるマインドをみんな持ってると思う。

貧乏に生まれた、金持ちに生まれた、

育つ環境も違えば成長のスピードも違う。

スタートラインも違うし

生まれた環境や才能は

本間に神様からのギフトとしか言いようがない。

でもさ、

そんなことにウダウダ言うより、

自分の大声で大好きと叫べれるモノに夢中になることのが

人生大切だし重要だって。

自衛隊辞めた時にさ、

30歳までには世界中を旅して自分の店を持つ。

って夢も叶ってもうたから、

これからは、

色んな人の夢を叶えるサポートをフルスイングでしていきたい。

どれだけ多くの人のマインドを変えれるか。

世界を0.1mmでも動かしたいよね。

ってな感じで寝ます

町の美味しいけど儲からない定食屋。

それがオカチャイ。

だと思ってます。

キックボクシングでもフィットネスでもなんでもいいけど

なんでこんなに美味しい料理を格安で提供してるか意味わかりません。

素人ウケより玄人ウケが多いですね。

よく出稽古に来た格闘技業界に詳しい親御さんたちからは称賛されてたんですけどね。

ジムトレーニングとかに詳しければ詳しいほど僕のやってることの意味ってわかると思います。

自画自賛ですがwww

まぁでもクオリティ低かったら全国紙に載らなんでしょ。

自画自賛させて頂きます。

まぁ色んな人が頑張ってやってますよ。

まぁそんなことはさてさてと、

これトレーニングしててね、けっこう言う女の子多いんですが

「筋トレしたらカラダが太くなる」「プロテイン飲んだら太る」

これ言う人めっちゃ多いんですよ。

これは本間に間違った認識というか、なんでここまで間違ったことが広がったのかわかりません。

結論から言うと、筋トレしてても太くなるかどうかはトレーニングのアプローチ次第だし、

ボディビルダーが血の滲むようなトレーニングをしてもなかなか太くならないのが筋肉なんです。

そう、筋肉とはツンデレなんです。

だから女性がやるそこそこのフィットネストレーニングでカラダが太くはなかなかなりません。

太くしたくても太くならない。

これが正しいですね。

バルクアップには血の滲むような努力と習慣が必要ですから。

あと、プロテインは別に太りません。ただの栄養素です。

カロリーでいったらお酒とかの方がはるかに高いし、

むしろ健康補助食品って観点で言ったらプロテインを越えるものってないんじゃね?って思います。

最近はタンパク質成分だけではなく、ビタミンとかミネラルとか多岐にわたって色んな栄養素を含有した商品も多いので

カラダが疲れやすい人とかにはおすすめとしか言いようがないです。

こんだけジムワークが一般化しても

間違った認識を持ってるかたが多いのでびっくらですね。

っていうスポーツ科学談義からなんやらの指導も含めて

オカチャイキックボクシング教室を越えるトレーニング場所はナッシングと自負しています。

もちろん、現役選手に対してもサポートさせてもらってます。

よっしゃ寝よ

かつてないフィットネスブーム

今の日本はかつてないフィットネスブームだとおもいます。

生活環境の中にジムワークが盛り込まれてますね。

その影響もあってキックボクシングがとても流行ってるし、

ビックリするぐらいジムが増殖してます。

元々、僕がこのオカチャイキックボクシング教室を始めた理由ってのがですね、

大阪ってキックボクシングジムでの練習環境がとてつもなく悪いんです。

現役時代にたいした実績のないジム経営者が片手間に経営してて

本間にキックボクシングのチャンピオンを育てるマインドを持った場所が全然ないんです。

そしてあれよあれよと分裂して枝分かれしていき、

色んな人が色んなところで好き勝手にジムを作っていったんです。

だからすっごい意識や経営が薄いジムが多いんです。

全然濃くないんです。

選手の現役生活を第一考えたジムなんてほとんどない。

それで練習環境に不満を抱えて上京する若い子とかをたくさん見てきました。

そんな現役の選手の人達に、少しでも力になりたくて

365日、フルタイムで、

選手の生活環境に合わせた都合で、

いつでもトレーニングをサポートできる環境を作りたい。

っと思って始めました。

当初はたくさん出稽古来てくれたりしたんですが、

まぁ今ではブームに飲み込まれてフィットネス目的の女の子ばっかになってしまいましたがね。

本来、ボクシングやムエタイってのは

「生活が貧しくてカラダ1つで稼ぐ賭博の見世物」なんです。

今ではタイの選手が世界中で実力が評価されて活躍してますが、

一昔前までは「ムエタイやりたいタイ人なんて存在しない」

っかたんです。

マニーパッキャオでさえ、幼少期はその日の家族のご飯にする数百グラムのお米のためにリングに上がってました。

そもそもがそんな高尚なものなんかではないから

だから本間にキックボクシングがやりたくて

人生を捧げたい!って子がいたら

ハッキリ言ってお金なんていらないんですよね。

でもキックボクササイズしたい!

って人からはビジネスになってしまうからお金は貰わなくてはいけない。

同じキックボクシングなのに

キックボクシングからはお金はとらなくても、

キックボクササイズからはお金をとる。

そのニーズの違いからの葛藤に常に頭を悩まされます。

世間のニーズに応えるばかりで、

本間にキックボクシングで興味持ってくれて

人生変わったかもしれない少年の未来の可能性を無くしてしまったりしてるのかなぁ

って思ったりします。

フィットネスとしては破格な内容でお送りしてますが、

未経験の学生がプロキャリア目指して毎日練習するには

少々割高になってしまう。

こんな感じでお届けしてるのにフィットネス組から料金高いとか言われたら

バックスピンキックで下顎カチ割りますけどね。

う~ん、悩ましいですな